夏物収納ならクローゼット24塩釜

夏物とは?
夏物といって思いつくのは、以下のようなものでしょう。

扇風機、夏服、プール用品、キャンプ用品

ラグマットなど夏用のインテリア用品
1.収納の悩み
夏物の収納にはさまざまな悩みがあります。まず、来年まで使用しないため長期間の保管が必要という点でしょう。カビやダニ・ホコリの影響を受けにくい場所に保管することを考えなければなりません。また、重くてかさばるものが多いため、収納場所がないという悩みも多いはずです。来年の夏がきたときに同じ状態で使えるようにするためには、どのように収納したらよいのでしょうか。
夏物を収納するコツ
夏物を収納する上で知っておくべきコツをご紹介しましょう。
2.しまうときのコツ
夏物をしまうときのコツをまとめました。
衣類の場合
夏は汗をかきやすいため、衣類に汗の成分が残ったまま収納すると黄ばみの原因になってしまいます。毎回きちんと洗濯していたものでも、収納する前に中性洗剤を溶かしたぬるま湯に30分ほどつけてから洗濯機にかけましょう。型崩れを防ぐために、ワンピースやブラン巣などはハンガーにかけて収納します。Tシャツはシワになりにくいよう丸めて収納するのがおすすめです。
道具の場合
キャンプ用品やプール用品・家電などは、できるだけ1か所にまとめて収納してください。次に使用する際、持っているものを把握しやすくなります。かさばるものが多いため、ラックや棚などを使って縦にも収納するようにしましょう。扇風機などの家電は、外箱やカバーなどに入れて収納することでホコリから守ることができます。
3.収納のコツ
収納のコツは、どこにあるか一目で分かるようにすること、狭いスペースでも収納できるようにすることです。そのためには、グッズを活用することをおすすめします。アイテムやカテゴリー別に分けて収納ボックスに入れ、中身を書いたシールなどを貼っておくとよいでしょう。また、収納スペースを少しでも有効活用できるように、空間を使った収納方法を検討してみてください。つっぱり棒やラックなどを使うと便利です。もう一つ、多機能製品に買い替えて一年中使う方法もあります。扇風機と暖房機が一体になった製品などを使用することで、季節が変わっても収納する必要がなくなるのです。収納スペースが足りない場合は、検討してみるとよいでしょう。
4.収納場所について
自宅で夏物を収納する場所としては、押し入れやクローゼット・納戸などが思いつくでしょう。ただし、こういった場所に収納する場合は、風とおしを確保しておく必要があります。湿度の高い場所に長期間保管しておくと、カビやダニが発生する可能性が高くなるのです。定期的に扉を開けて風をとおすなどの手間が必要になる場合もあるでしょう。

Copyright © 2018 Rental Trunk Room Closet24塩釜  Allrights reserved.       運営会社  合同会社happy feet

当ホームページで使われてる画像・イラストの一切の転用は禁止させていただいております。